ITALY行ったところ見たところ(5)〜VENEZIA編その5 移動〜

  • 2018.03.22 Thursday
  • 22:55

 

2度目の朝も運河に面したテーブルでCappuccinoとペストリーを食べて、

のんびりと道ゆく人を見ていると、もうなんだか

とってもヴェネツィアを堪能したような気持ちになります。

チェックアウトの時間まで、少しホテルの周囲を散策してくるとしましょう。

 

V4-1.JPG

細い路地もかわいくてどこまでも行ってみたくなる。

V4-2.JPG

見たかった市場にやってきたよ!

V4-3.jpg

新鮮な魚介類が!!

 

絵になりますね・・・ゴンドラには乗らなかったけど。

V4-4.JPG

教会も絵画もあきらめて!街歩きをして、お別れです・・・

V4-5.JPG

サンタルチア駅からイタリア鉄道の特急Frecciarossaに乗ります。

V4-6.JPG

Frecciarossa は『赤い矢』、Frecciargentは『銀の矢』、Frecciabiancaは『白い矢』。

ビジネスクラス指定席は横3席とひろびろ。

お水のボトル、紙コップ、コーヒーまたはジュース、クッキーが配られます。大事な電源あり!

V4-7.JPG

快適な電車でフィレンツェへ。2時間の電車の旅です。

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(4)〜VENEZIA編その4 食べる!飲む!

  • 2018.03.21 Wednesday
  • 14:00

 

サン・マルコ広場といえば、ドゥカーレ宮殿。

なになに?『天国』を見なかったのか?ため息橋は?

ちなみにヴェネツィアに行ったらマストな三大寺院は

サン・マルコ寺院

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会

とのことです。皆様お忘れなく!

 

・・・とまあ、縛られないのがフリープランの良いところ?

足の向くまま気の向くままに、路地をぶらぶらリアルト橋まで歩きます〜

途中、お財布やガラス細工の小さい小さいねことペンギンを買ったり・・・ 

リアルト橋の上ではお土産にネクタイを3本買いました。『karin』というお店でした。

橋っていうから歩いて渡るだけのものだと思っていましたが、商店が並んでいてイメージがまるでちがっていました。

V3-2.JPG

そして、橋の周りにあるレストランを見て、Cafee Saraceno へ。

シーフードプレートとサラダ、それからイカ墨のパスタとカルボナーラ

ワインは白で。

V3-3.JPG

 

V3-4.JPG

 

V3-5.JPG

↑ちょっとピントが甘かったので小さくしてます↑

NY仕込みのグルメな(!)オット曰く「このパスタは美味しい!」って〜。

HPは見当たらないようなのですが、ネットで見るとものすごく評価が低いです。。。

なんでなんで?ロケーションもいいし、サービスも悪くなかったし、美味しかったですよ。

評価サイトに載せる人は、いやな思いした人が書くこともあるのでしょう。

私たちが行ったときは、よかったですよぉ

V3-6.jpg

いったんホテルに帰って荷造り。そして、名残惜しいので夜のお散歩をして、最後に赤ワイン。(ハーフボトル)いかついガードマンつきなので私は怖くはありませんが、若い女性二人旅などのときは、夜はやっぱり気をつけましょうね!

V3-7.JPG

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(3)〜VENEZIA編その3 飲む!歩く!

  • 2018.03.20 Tuesday
  • 19:40

 

ヴェネツィアの街中は自動車禁止で、路地や水路が入り組んでいて迷路のようです。

ずっと昔ならいざしらず、現代では上下水道や電力も必要だし、ゴミも出ますよね。

車の排気ガスがないのはよいことですが、保全と生活、そして観光との共存はどうしているのでしょうか。

ゴミ収集は、人力のリヤカーが回っていました。驚きましたがそうなりますよね。。。

 

観光客である私たちは、まずは水上タクシーより一回り大きいヴァポレットに乗り、サン・マルコ広場を目指しました。

ヴェネツィア

ものすごい観光客でいっぱい!ですが、意外とカフェの席はあいてる・・・

この高い塔の列は、並べば上れそう。

ですがその前に、暑くて倒れそうなのでCAFFE QUADRI カフェクアードリでまず一服。

 

 

リフレッシュして『大鐘楼』に行くことにしました。

なんとエレベーターです。

ヴェネツィア

 

ヴェネツィア

 

ヴェネツィア

すごーいきれいきれいきれい!

感動的です。。。

そしてふたたびカフェ。CAFFE FLORIAN ここも行かなきゃ!

ヴェネツィア

 

ヴェネツィア

この広場には有名なカフェが3つありますが、そのうち2件に入って大満足で次へと向かう私たちでした。

・・・ちょっとちょっと!見所は寺院でしょ?宮殿でしょっ?行かなくていいの?

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(2)〜VENEZIA編その2

  • 2018.03.19 Monday
  • 13:20

 

ヴェネツィアに私が到着したのは夜更けだったのですが、空港からのバスはサンタルチア駅のすぐ横の広場に到着し、ホテルはそのまたすぐ近くにとっていたため、ほとんど外は歩かずに済みました。

ガイドさんがスーツケースをガラガラと引きながら、おおよその街の外観を説明してくれます。

でも・・・潟って?水路はどうなっているの?疑問を抱えたまま朝を迎えると・・・

 

v2.JPG

ホテルのレストランが水路に面してる!

室内の席もあるのですが、ここがいいよ〜ここで食べよう!

水路をはさんだ目の前がサンタルチア駅です。駅に行くには下の写真の奥の橋を渡ります。

水上タクシーヴァポレットの乗り場も目の前に。(乗るときは進行方向に注意〜)

v6.JPG

宿泊したのはこんな風情あるホテル Hotel Antiche Figure

有名ホテルはサンマルコ広場の周辺に多いのですが、そこだと移動の多い私たちが荷物を持って行き来するのも大変だと思い、駅近にしたのです。とっても良かったです!

v1.jpg

朝ご飯は簡単なビュッフェ形式で・・・

コーヒーは選べるので、すかさず “CappuccinoDocomo80” 

宿のマダムは覚えていてくれて、翌朝も “あなたはCappuccinoね” って感じで出してくれましたき

 

v3.JPG

なんか甘甘な朝ご飯ですが楽しい〜

このあとオットは小一時間お仕事するっていうので、ひとり散策タイムき

30分行けるところまで行って、戻ってくればちょうど1時間ね、ってわけで、先ほどの橋を渡ってみて、

とりあえず有名なリアルト橋まで行ってみよう〜

v5.JPG

おおお着いた!そして運河〜

v4.jpg

干潟を埋め立てて街を作るって?水没するって?

読んだり聞いたりしても今ひとつピンと来ませんでした。

まさしく百聞は一見にしかず、の旅の始まりは『水の都ヴェネツィア』

滞在時間は2泊34時間汗 どこに行こうか何を食べようか?

 

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(1)〜VENEZIA編その1

  • 2018.03.17 Saturday
  • 16:50

イタリアに初めて私が行ったのは1979年秋のことです。

当時中学生だった私の記憶にあるのは

*アイスクリームが美味しかった

*スパゲッティの量が多かった

*猫がいっぱいいた

*タクシーの運転が乱暴だった

*コロッセオとフォロロマーノに行った

ナイロビからの帰国の途、アリタリア航空でローマへ飛び、それからパリ、ロンドンを回って5年ぶりの日本の土を踏みました。

そのあとが多くのことがありすぎて、また時間がたちすぎていて、あまり多くのことは覚えていないのですが、昨年夏、イタリアを再訪することができました。

イタリアへ行くことになったのは

*オットが行ったことがなくて

*業務で行くことがなさそう

*絶対行くべきだとFくんに勧められた

という理由です。

私は“良き妻”なのでオットの希望は最優先き

国内旅行でも「オットの行っていない都道府県制覇の旅」というのがあって・・・彼は47都道府県到達!を果たしているのですが、今回はその海外版であります。

 

素晴らしい“Fくん”のおかげで、行くべきルートというのもモデルプランが着々と作られて・・・

ヴェネツィア ⇒ ナポリ ⇒ ローマ

現地集合、現地解散!という案ができました。

長年の経験で、直前まで何があるかわからないから、旅に多くを求めません〜スタンスの私なのですが、「何か希望ある?」と聞かれたか聞かれなかったか、唯一主張したのが「ピサの斜塔を見たい!」でした。

あとは飲んで食べれたらいいわ〜Docomo_kao12

いや、今になって思い返すと、「あの教会はスルーしちゃ行けなかったんだ!」とか「やっぱりミラノは行かなきゃだったのでは」とか「あれを買ってくるべきだった」とかあるのですが、すべてをかなえてしまうと縁起が悪いような気がするので・・・

いつものように各方面にお願いをして、2017年8月半ば、日本を立ったのでした。

こーんな景色に出会えるのね!!

 

 

LH717 東京(羽田) - フランクフルト 14:05発 18:45着

LH332 フランクフルト - ヴェネツィア 21:40発 22:55着

いつものようにトランジットで密かにはらはらしましたが、何食わぬ顔でヴェネツィア・テッセラ空港(通称マルコ・ポーロ空港)にたどり着くと、そこでは現地係員=オットがすでにNYから到着し、ホテルにチェックインし、現地周辺状況を調査済みでお迎えです音符

GRAZIE!

 

 

しばらくがんばって書きます。どうぞよろしくおつきあいくださいませ。

 

JUGEMテーマ:イタリア

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

MY本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM