ITALY行ったところ見たところ(10)〜Firenze編その5〜美術館♪

  • 2018.03.29 Thursday
  • 18:30

ウッフィッツィ美術館は、昨日のシニョリーア広場にあります。ヴェッキオ橋のたもとでもあります。

チケットは絶対にとっておくべきです。ツアー旅行の場合は出発前に取っておくにこしたことはないですが、私たちちょー自由フリープランでは、行く予定が決まった段階でとりました。ええ前日の夕方ですが。(何があるかわからないので・・・)

15分刻みのチケットで、場所さえまちがわなければ本当にその時間にならないとはいれないし、その時間に行けば大丈夫。チケットのチェックしたあとで入館の入り口は別の所にありますが、それも大して並びませんでした。

時間があればゆっくり端から端まで見たいですが、そうでなければ見たい絵を、ガイドブックなどであらかじめ調べて、場所をチェックしておいた方がよいでしょう〜ともかく、美術に疎いひとでも、「有名中の有名」の絵が目白押しです!

 

f4-7.jpg  

「ウルビーノ侯爵夫妻の肖像」フランチェスカ

f4-8.jpg  

「ヴィーナスの誕生」ボッティチェッリ

f4-9.jpg  

「プリマヴェーラ」同上

 

f4-10.JPG  

私は、ニューヨークのメトロポリタン美術館とMOMAに行ってから、感覚が麻痺してしまったというか、すごいものはすごいに決まっているので、見ても仕方ないじゃないか・・・そして、また、写真を撮っても仕方ないじゃないか・・・と逆説的に思ってしまようになってしまいました。ここに来たらまた見られるし、ここで見てこそなのでは!とか。

しかしオットは一生懸命写真を撮っていたので、(こっそり)借りました!

やっぱり、「これ、見たね!」って思うので、まあ記録の意味ではよいかも。ガイド冊子を購入するのもよいですが、実際あの長い解説は歯が立たないですし、その場になくて(日本に貸し出してます。OMG!みたいな)見ることがかなわなかったりもして、混乱します。

いずれにしても、日本の有名どころ展示会は必ず大行列で、人の頭の間からちょこっとしか見られず、疲れてしまうのですが、NYでもここでも、比較的ゆったりと浸ることができたのは嬉しかったです。なんか今回は語ってます?

でも、日本でちょこっと見るだけでも、素晴らしいものは素晴らしいし、いつか本物を見に行こう!と思うのは意味があると思う。私はあまり、そういう風に思って来なかったのが、ようやく、本物の素晴らしさ。を知ったというのがこの旅の一番のトピックだったかもしれません。

 

それにしても駆け足だったーごめんなさい、ボッティチェッリほかのみなさま!

 

 

JUGEMテーマ:イタリア  

ITALY行ったところ見たところ(9)〜Firenze編その4美術館に行こうと

  • 2018.03.29 Thursday
  • 18:00

フィレンツェでは2泊しましたが

ホテル5Fのテラスでの朝食はそれだけでも幸せ〜

日本人観光客も多いようで、ウェイターの陽気なイタリアおじさんが日本語がお上手Docomo80

↓これはプールサイドから↓

f4-1.JPG

レストランからの眺めも最高!

f4-2.JPG

早起きが得意な私たち。朝からよく食べる食べる〜

日本に帰ってもこういう朝ご飯が食べたいものです。

f4-4.JPG

このあと、ネットでウッフィッツイ美術館とピサの斜塔の入場券を取っているので、

それまでの間を活用してミケランジェロ広場へと向かいます。

ホテルでタクシーを呼んでもらって、アルノ川の反対側へと進み、丘をのぼっていくのです。

f5-1.jpg

行かなくてもいっか〜と思っていたのですが、まあ、時間あるし、くらいの気持ちでしたが

絶対行くべし!!ちょっと写真ではお見せできない美しさ〜

帰り道に少し困りましたが

f5-2.JPG

 

どうにかバスがやってきた!

 

次はいよいよ『ウッフィッツイ美術館』です。

あー朝ご飯しか書いてないけど写真が多くなるのでこの辺で。

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(8)〜Firenze 編その3〜美しい町並み&暑い!

  • 2018.03.28 Wednesday
  • 20:24

ドゥオモにお別れして次のスポットへ歩いて移動します。

実際にはフィレンツェ2泊のうち、

初日:ランチ→ドゥオーモ→シニョリーア広場→ヴェッキオ橋→ホテルのテラスで夕食

2日目:ミケランジェロ広場→ウッフィッツィ美術館→電車で移動→ピサの斜塔→電車で戻ってきてディナー

3日目:チェックアウトして電車でナポリへ

という強行軍ですがその割にはのんびりカフェで一服は譲れない〜!

 

街歩きの画像をまとめていくつか。

ドゥオーモから歩いて数分でシニョリーア広場につきますが、ここはヴェッキオ宮の前。

すぐそばにウッフィッツイ美術館があり、観光客がとても大勢集まっているところです。

もう、ここだけで1日いられる〜。

f3-1.JPG

ジェラートを食べながら散策しようと思いましたが大きすぎて、暑すぎて、歩けない・・・汗

↓持ってる人の手が大きいので、そのボリューム感がわからないかもです

f3-2.JPG

フィレンツェは世界最古の薬局『サンタ・マリア・ノベッラ薬局』ほか、薬局でのコスメがお土産として人気です。

訳あって?ファーマシー好きの私としては、どれもとりあえず入ってみなくては・・・

f3-3.JPG

 

 

f3-5.JPG

アルノ川にかかる橋、ポンテヴェッキオ。

橋の上にお店が・・・というのは、ヴェネツィアのリアルト橋のようなものかなーと思っていたら、もっとずっと・・・普通の「道」でした!橋、というよりも。だって2階、3階があるんですよ!

対岸からの遠景です。

f3-7.JPG

橋を渡った対岸も見所多し。ですが暑いのでジュース飲んだだけで川にかかる次にかかる橋、サンタ・トリニタ橋で戻ってきました。

ホテルに戻る道すがら、ブランドショップの並ぶトルナヴォ―二通りを散策。

銀座中央通りのようなイメージではなくて、もう少し細い通りですが、左右にあまり私には関係のない名前が・・・グッチとかフェラガモとかブルガリとかプラダとか・・・

f3-4.JPG

サンタマリア・ノベッラ教会。なんだかきれいだな・・・と思って撮っていますが見る時間なし。

f3-6.JPG

ホテル近くの100均ならぬ『99cent』!面白いので買い物したりして。

f3-8.JPG


夜はホテルのプールとバーでまったり。

まだまだ旅は長いので息切れしてはなりません、です。

f4-3.JPG

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(7)〜Firenze編その2観光する!

  • 2018.03.26 Monday
  • 22:10

まずはS.M.N駅から観光の中心地、ドゥオーモを目指します。

暑い暑い・・・バスを待つより歩いた方が早そうなので、日陰を選んで歩きました。

すると突然ものすごい人だかりのなか、何かが見えてくるのですが・・・

f2-1.JPG

どどーん!!

f2-3.jpg

予習が少なくてお恥ずかしいのですが、あまりにも唐突で、巨大で、まるで何かのセットのような細かな装飾にびっくり。

これがイタリアなのか!?迫力満点すぎる。圧巻。

f2-2.jpg

一見の価値あり・・・ここだけで円形ドームと鐘楼、洗礼堂もあり、一日じっくりしていられるくらいです。

本当は、ヴェネツィア4泊フィレンツェ4泊でもよかったくらいだ・・・とこっそり思ったりするのですが

そんなひまはなく、どこかでチケットを調達してくるなり、「登るよ!」

エレベーターではなくて・・・細い通路を息が切れて倒れそうになりながらのぼりますがその先には絶景が待っている!!

 

f2-4.jpg

わーっていうくらいきれいでした。

f2-5.JPG

そして天井画・・・(実際はもう少し暗い)

f2-6.jpg

もうクタクタの私をおいて、高いところと岬の端っこをこよなく愛するオットは、元気よく鐘楼にも上っていきました。

広場にはなんの境界もなく、売店やカフェが軒を連ねています。ビールが美味しい〜

気前よく(?というか料金のうちというか)ポテトチップなどがもれなくついてきます。

f2-7.JPG

今回はこのちっちゃい招き猫“ねこけし”ちゃんが旅のお供。

instagramでお友達になったカップルお手製の『お出かけフレンズ』というこけしをminneというサイトを通して買ったものなのです。旅行先に連れ歩くのにぴったりですDocomo80

メンバー2名の体力による“行動のずれ”は、このお供とスマホとWi-Fiがあればへっちゃら!

でもこのあとまだまだ歩くのさーだって明日はピサですから。

今日のうちにアルノ川の対岸に行ってみなくっちゃ。

 

JUGEMテーマ:イタリア

ITALY行ったところ見たところ(6)〜Firenze編その1〜暑かった!

  • 2018.03.25 Sunday
  • 18:22

ヴェネツィア → ヴェネツィア市内 → パドバ → ボローニャ → フィレンツェ12:30

気がついたらトレニタリアと同じ色の服だった〜駅員さんが後ろで笑っていますDocomo_kao12

 

サンタマリア・ノベッラ駅(SMNと略されている・・・)から徒歩7-8分、

平坦な道を歩いてHOTEL KRAFT 到着!(ぜひリンク見てください〜美しいサイトです〜!)

やはり駅近を選んだのですが、思った以上にとても静かなエリアでした。

5Fにオープンテラスのレストランとプール、バーがあります。

部屋から見る通りはこんな感じでした。

f1-2.JPG

いよいよ

『花の都フィレンツェ』

『屋根のない美術館フィレンツェ』の時間です〜

どこに行って何を食べようか・・・まずはトスカーナ州といえばステーキ!そして赤ワイン!

f1-4.JPG

Torattoria DALL'Oste

広くて賑やかで・・・美味しくて居心地のいいお店でした。

f1-5.JPG

あとパスタも食べました〜

 

f1-6.JPG

実は2017年夏のイタリアは高温注意報いや警報が出ていました。

特に観光客は、日中は外を出歩いてはならない!というお達しがでていたとか。

私たちが行ったのはその少しあとではあったのですが、猛暑の日本から行っても、暑かったのです。

時間とにらめっこしながら、無理なく回るには・・・

観光の中心地ドゥオーモ目指して歩きます。無事たどり着けるでしょうか!?

 

JUGEMテーマ:イタリア

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

MY本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM