遠くに行きたい!?

  • 2017.03.06 Monday
  • 06:00

子どものころ、5年にわたり家族と海外にすんでいた私は、

長い間それはとても自分の人格形成に大きな影響を与えた、と思ってきました。

しかしそれも、この年齢になると、はるか昔のほんのひとときのことのような割合になり、その後の歩みが今の自分を作っているのだなぁと思わざるを得ません。

 

そんな私の若かりしころは、飛行機に乗る、というのはちょっと特別なことで、飛行機で出張し、英語をすらすらと話す父にちょっと誇りを感じたりしていたものです。

縁あって、妹のみーちゃんは日本国籍ではない方と結婚し あちこちに親戚ができました。

妹が彼や親族と会話をしているのを見て…話している言葉は日本語ではないのだけれど、雰囲気は軽々と国境を越えてとても自然です。

また、このところ海外在住の長いオットは、北陸の小さな町に生まれてから18までほとんど出たこともなく、リアルに“ガイジンさん”を見たのは大学生になってからという…。

そんな彼が、ステーキはどの店が旨いと言ったり、“hello”なんて電話してたりすると、ちょっと不思議ですがもはや自然な感じがします。

そんななか、すっかり日本の国内にいて、外国語に触れる機会もない私は、中国語を学んでみたり、ロシア語をやろうかと思ってみたり…していたのですが、

飛行機に乗ったり降りたりするのもすっごく緊張する小心者になっていて、とほほな感じです。

 

↓マンハッタン…ではありません💡

 

 

 

子どものころ、もう、海外は十分見たから!

旅行じゃなくて住んでみてなんぼだから!

とか思っていたけれど、ちょっとでも実際に降り立ち、見て、触れる機会は大切だと思うようになりました…

今さら遅いかな?いやまだまだ間に合う。

そう思ったので、見聞きしたことを

ぽつりぽつり書き留めておこうと思います。

〜つづく〜

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

MY本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM