親知らずを抜きました…

  • 2018.01.16 Tuesday
  • 16:31

親知らず、何本ありますか?

そもそも自分の歯、何本あるかご存知ですか?

日常生活を普通に送っていると、空気や水のように、当たり前に思っていて、まったくその存在すら関知しないけど、とても大切なもの、それは健康。中でも、「歯」は健康長寿に欠かせません。

 

久々のブログ投稿にまじめかって感じですが、

備忘録として書いておこうと思います…

 

小学生のころ、歯列矯正をしたため、歯の本数がとても少ない私ですが、

痛くならないと行かないのが歯医者さんで…

昨年秋ごろ、突然(歯医者さん行くのはたいてい突然ですよね!)歯が欠けたような気がして

(…あるとても固い食べ物を噛んだんですよ…!)

しぶしぶ行ってみると過去の治療の跡が虫歯になっていました。

(この年で“虫歯”っていうコトバが恥ずかしい汗

治療するうちに、セラミックにしましょうということになり…

その奥に親知らずがあって、虫歯になりそうなので抜きましょうかということになり…

その予約をしたら、また別の歯が欠けまして!

やはり治療したらセラミックにしましょうかということになりまして。

「本年の家計予算にありませんので…1年に2本までにさせていただきたいかと…」

と正直に申し上げましたところ、さもありなん、ととりあえず新しい案件?は仮歯にしておいて、翌年持越しということになりました。

 

そしてドキドキの抜歯です。

いつ以来だろう?歯を抜くなんて…とんと記憶がありません。

出産以来の怖さ?出産は怖くはなかったか?でも背中の注射はちょっと怖かったな…

とかなり緊張していましたら、いつもの明るい衛生士さんが

「先生のハードルを上げるようですが…こちらの先生はとーってもお上手ですよ手

おおおこれで一気にリラックスDocomo_kao12

歯茎に麻酔を打ってなんと、これからかな?という間に終わっていました。

その後のケアについてもとても丁寧なご説明をいただき、無事に痛み止めも効いているところのようです。

 


 

よかったぁ無事に終わってーさあてブログでも書こうか!

と思った矢先…また!別の歯が!詰め物が取れましたよ…泣き

予算編成見直さないといけないでしょうか。そうでなくても緊縮財政の我が家ですのに。

とほほ。

 

(*コメント欄閉じています)

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

MY本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM