Siem Reap行ったところ見たところ(3)パブストリートとはなんぞ

  • 2018.08.06 Monday
  • 11:05

まだ少し明るかったので、早めの夕食をとりに、と思って私たちが向かったのはその名も

 

『パブストリート』

blogc-23.JPG

 

いったいどんなところかと思ったら〜お土産屋さんと飲食店が軒を連ねるエリア。

飲み屋さんといった感じより、むしろカフェバーやビストロ、または屋台、オープンデッキのお店そしてお土産屋さん、マッサージ屋さんなどが並んでいます。

ナイトマーケット、オールドマーケットなどとも隣接していて、昼間は遺跡見学をした観光客に、夜はここで遊んでいってください〜という位置づけでしょうか。基本的に治安はいいとのことですが、もちろん気をつけるにこしたことはありません。

私はナンパもされる心配はないし、なにせ用心棒連れですから〜

blogc-21.JPG

鼻のきくオットが見つけたお店はおしゃれなカフェバー、クメールファミリー。

ビールが冷えてないとか料理が高いとか遅いとか、ネットでは散見されますが、そんなことはなかったな〜ちなみにお手洗いもちょーきれいでした。

blogc-22.JPG

もうひとつカレーっぽいのを頼んだのですが、とても美味しかった!

このあと、私たちがカンボジアで食べたものはどれもとても美味しかったです〜クメール料理は辛くなくて、日本人好みのものが多いとか。

blogc-24.JPG

可愛いねこチャン発見。レストランのいすの下にちんまり。

 

先ほどのトゥクトゥクのおじさんに、象さんのあとパブストリートまで行ってくれるか、そしてさらに(その時点では流しのトゥクトゥクを拾うのはどうかなってのがあったので)食事する間待っててもらって、そのあとホテルまで送ってほしい(ホテル発だったので場所もわかるだろうと)と頼みましたら、一度ホテルに戻って一仕事してくるから、○時にここね、と承知してくれました。

おじさんったら車の鍵付き部分からおもむろにスマホ取り出して〜時間見てました!やっぱり持ってるんだ、スマホ!

そしてどのように時間を過ごしたかわからないけど、10分ほど遅れた私たちをちゃんと待っててくれました!

 

その後、滞在中に普通にトゥクトゥク拾ったり、声かけられたり、高めに言われたり、しましたが〜いずれも困るようなことはなかった。ただ、乗る前にきちんと行き先と価格は合意しておくことが大事だと思いました。

 

泊まったホテルはこんなところでした。

エントランスに着くと、民族衣装を着たドアボーイが両側からドアを開けてから、両手を合わせるカンボジア式挨拶をしてお迎えしてくれます。

blogc-26.JPG

 

中庭

blogc-25.JPG

 

朝ごはんをいただくレストラン、ロータス。種類豊富で、目の前で作ってくれる麺が美味しかった!

blogc-27.JPG

 

ソカグループは、カンボジアの大きいホテルグループだそうで、シェムリアップにはソカアンコールと別にソカシェムリアップというのがあるので、必ず「ソカアンコール」と言わないとだめですよとトゥクトゥクおじさんが教えてくれました!

別の日に道でばったり会ったときにも覚えていてくれて、にっこりしてくれた彼でした。

 

JUGEMテーマ:カンボジア

コメント
コメントする