読んだ本の記録〜猫と暮らすということは

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 09:50

ペットと暮らしはじめるのには、理由は要らない。

ある日突然、それは始まるのだ!

周到な準備をしたよ?という人がいるかもしれないけれど・・・

だとしてもそれは、そう思う前に「突然」「必然」始まるのだ・・・と思う。

そして、同じように、突然、終わる。いつか、必ず。

 

うちで一緒に暮らすネコは男の子だし、

一人称「あたし」で書かれたこの本は、ちょっと躊躇して手にとりました。

なんだか、「読んで」って言ってるような気がして・・・

 

読み始めてすぐに、結論は、想像がついた。

日本人が同じテーマで書いたらどうなるのかなと思う。

同じテーマを借りて、日本人作家さんがリライトしてくれないかなー。

なんて思いながら作家Dee Ready さんはどういう人なのかなと思い、

彼女のtwetter やらblogやら探してみました。

避けている英語の勉強にちょうどいい機会かな・・・と思ったり。

 

 

あたしの一生: 猫のダルシーの物語 (小学館文庫)

 

涙もろい人は要注意ね!

絶対泣く・・・っていわれると期待?しちゃうからだめかな?

 

*私のブクログリストはサイドナビの本棚をクリックしたら見られます。

まったくもって雑多な読書記録で、レビューは少なめです。*

 

JUGEMテーマ:読書

コメント
コメントする