読んだ本の記録〜野菜を旅するとは

  • 2018.10.08 Monday
  • 20:06

本は買って読む主義です。

というか、目にするとよく考えずに割とすぐに買ってしまう...

本代は、惜しまなくていい、と思ってる。(いいのか?)

得てして、月のわずかな収入に対して本代が高いだろうというようなこともあったり。

 

この本は、著者が有名だし、まあ軽いノリで、借りて読みました。

あーーー手元に置きたい・・・!

内容が濃すぎて、読んでも読んでも抜けてしまう・・・

地理と歴史と人物とのつながりに、ほーっと思うことが多く、

自分の言葉にして話したいと思う事柄がいっぱいの1冊でした。

 

 

世界の野菜を旅する (講談社現代新書)

JUGEMテーマ:読書

災害…

  • 2018.09.06 Thursday
  • 06:42

 

おはようございます。

なんと自然災害の多い年なのでしょう!

皆様お知り合いに被害に遭われたかたはいませんか?

悲しい気持ちでいっぱいです。

 

いざというときの備えはできていますか。

阪神淡路大震災のときを思い出します。。。

あのときはまだきゅーちゃんが1才でした。

私たちの家は無事でしたが、明るくなると周囲は驚くほど変わっていました。

塀が倒壊し、高さが1階分低くなった民家の列を見たときの気持ち・・・

忘れられません。

今でも大きなスーパーなどにはいるときは、柱がきちんとあるか、確認します。

(柱は邪魔になりますが、そういう建物が増えたように思います。)

もちろん、大きな駐車場も心配です。

 

外出するときにはケータイの充電器を持ち歩いてください。

少しでもしのげるようにペットボトルとアメを持っていてください。

歩きやすい靴をはきましょう。

家族との連絡方法と緊急時の行き先を確認しましょう。

ささやかなことですが…食事とおトイレは早め早めに、飲みさしのコップは片付けましょう。

ペットがいるひとは留守のときのためにご近所と連絡を取り合っておきましょう。

 

しばらくブログをお休みします。

また明るい気持ちで書ける日がきますように!

 

いつも応援ありがとうございました。

 

 

JUGEMテーマ:天変地異、災害

Singapore2018行ったところ見たところ(6)Katongに行こうと思ったのに

  • 2018.09.01 Saturday
  • 14:30

◎これまでの記事はこちら◎

Singapore2018行ったところ見たところ

(1)植物園といえば・・・

(2)動物園に行く前に

(3)いよいよ動物園

(4)バードパークもおすすめ

(5)続バードパーク

 

先月、長男のきゅーちゃんがシンガポールに一人旅してきました。

一人っていっても、お父さんの所に泊まるので一人旅といえたものではありませんが・・・

そのときに買ったガイドブックがこちら

 

ひとり旅って、こんなに楽しい! ソロタビ シンガポール

 

知らなかった〜ひとりたび=ソロタビっていうんですね!なんかおしゃれっぽい。

JTBパブリッシング2018年2月発行。

NY、パリ、香港、ソウル、台湾版も出版されています。電子版もあり。

一人で行きやすいところ、入りやすいお店っていう紹介のしかた、わかりやすくていいです〜

 

で、私も日中はけっこうひとり時間なわけで、この本を持って行きました。

たいていのところは知ってるし〜と思ってひらいたこの本の最初に掲載されているのが

『カラフルでかわいい街 インスタ人気のカトン』

ど、どこそれ?行ってみなくちゃ!

 

さて私はこのとき、Jurong Bird Park にいます。

どうやってKatong に行けばいいかな?

Katong といってもその可愛いおうちの並ぶエリアは駅から離れていて行きにくそうだ・・・でもとりあえず、駅、か。

地下鉄の路線図を眺めながら・・・おお緑色の線がつながってるぞ。

というわけでひとまずバードパークからタクシーで最寄りの駅“BOON LAY”へ。

そこから延々緑色の線(East West Line 東西線)に乗って(なるべく乗り換えたくない;)PAYA LEBAR でおりて、そこからタクシーだな。

頼りになるGoogle Mapさま↓*クリックすると大きくなります*

(こんなに離れてるのに!一日にこのふたつに行かなくてもよかったのでは・・・というのはなしでお願いします;)

 

NYは地下鉄が乗りやすく、タクシーはカードがうまく使えるかな?とかチップはいくらかな?なん%というボタンをまちがってないかな?と(私的に)少しハードルが高かったのですが、シンガポールのタクシーは乗りやすいな〜

お札がわかりやすいし!

 

この日が雨模様だったせいか、バードパークのタクシー乗り場には車はいなくて、少し待ちました。かなり大きな通りに面していて、歩くのはちょっと・・・という感じでしたので、(千葉の国道357みたいな感じ?)お客さんを乗せてタクシーが来たときにはほっとしました。(駅からバスもありますが、乗り場がわからなかったの;)

 

そして、無事BOON LAY 駅で降りまして〜電車に乗ろうと思ってみたらなんとそこの巨大ショッピングアーケードにはまってしまったのでした。

 

 Jurong Point Shopping Centre (← centre ! イギリス式だ〜なんか嬉しい)

 

ちょっとのぞいてみようかな・・・とおもったのが、行けども行けどもお店〜それがなんだか面白い作りになってて。

高級グルメ店、小籠包が人気の鼎泰豊、カヤトーストのTOSAT BOX、もちろんファッションもあって〜

日本の屋台村アーケードのような“JAPANESE FOOD STREET  SHOKUTSU 10”というエリアがあったり、香港のようなところ、マレーシアのエリア、なども!

広いと思ったのもそのはず、約7万屐21,000坪)、東京ドームの1.5倍もあり、テナントは450!← 参照元はこちら

 

迷子になりそうになりながらも意地になって最上階まで歩いてみて〜結局カフェテリアのようなところでカヤトーストのセットを食べました!お約束の甘〜いコーヒーと半熟卵!

 

 

モール内の画像がなくて残念・・・遠慮しないであちこち撮ってくればよかった。

よかったら Jurong Point Shopping Centre 見てくださいな。雰囲気だけでも伝わるかな。

 

おっと目的地は・・・?もう帰ってもいい・・・?いやまだまだがんばろー。

(この日、夕食は予定あり。それまでには帰ってお風呂にはいりたいワタシ・・・)


 

JUGEMテーマ:シンガポール

Singapore2018行ったところ見たところ(5) 続バードパーク

  • 2018.08.29 Wednesday
  • 10:07

 

予習不足のまま乗り込んだバードパーク。なんとかなるだろうと小雨降るなか乗り込みましたら・・・なんだかほどよくゆったりしていて、もちろん人工的に鳥類が飼育されているのですが、広すぎず狭すぎず、しかも暑すぎず!散策にぴったりの場所でした〜

 

「滝がいい」とか「滝はしょぼい」とか書いてあったのを読みましたので・・・1つめの停留所はとばして、“Waterfall Station”で下車。すぐ隣に蓮の咲く池があります。(画像はクリックすると大きくなります)

 

静かな道を少し歩くと・・・滝!

 

先ほどまでいた親子連れの姿もなくなり・・・

(よく考えたら、どこかのショータイムだったのかもしれない!)

ぐるぐるまわって、道を上ったり橋を渡ったりしてみました。

 

あちこちにきれいな鳥さんが!

 

なんていう鳥?!と思ったら・・・ちゃんと説明板がありました!

カンムリバトか・・・目の周りが赤くてとっても美人さん!

右のはミミグロバトかな?

ホロホロチョウ、クジャクなどもいました。

大好きなペリカン!

そしてフラミンゴ!

ナクル湖のフラミンゴが、懐かしいな・・・

 

けっこうこの「鳥園」、楽しかった。

シンガポール、熱帯だからなのかな・・・心のどこかで郷愁を感じる私は、一人行動でよかったかも。でした。

もっと長居してもよかったかな。

オットの行ってないところに行って、ちょっと自慢。(たいしたことではない・・・)

今回行けなかったナイトサファリは次回、行こう!

 

*ブログやシンガポール紹介記事などで「パノレール(モノレールシステムのことらしい)で園内移動」と記述されているものがありますが、2012年に廃止され、トラムに変わっています。

*現在このバードパークは“Jurong Bird Park” というとおり、シンガポール西部のジュロン地区にありますが、シンガポール動物園やナイトサファリ、リバーサファリのある北部エリアへの移転が決まっています。ZOOの入り口付近で大々的に工事中でした。バードパークは1971年開園と歴史が一番古い(動物園1973年ナイトサファリ1994年リバーサファリ2013年)のですが、同じ場所にある方が便利ということのようです。(近くにあっても一日に全部は見られないんだけど・・・でもバスの運行とか観光客誘致の面ではよいですね)また、熱帯雨林パークも建設されて、2020年完成の予定とのことです。

 

JUGEMテーマ:シンガポール

Singapore2018行ったところ見たところ(4)バードパークもおすすめ

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 21:45

リバーサファリと動物園に行った翌日、早速バードパークJurong Bird Parkへ行ってきました。

ちょっと駅から遠いようなのでまた、タクシーで行っちゃいました。

一応、コンシェルジュの女性に、「どうやって行ったらいいですか?」と聞いたら、

「タクシーがいいですよ。9時過ぎると料金が安いから」とのこと。(2018年現在+私の理解によると)

シンガポールは交通渋滞を防ぐため『ロード・プライシング』という課金制度がとられていることで知られています。

ですが、日本の高速道路のようにお金を払って券を受けとったり、ゲートが閉まったり開いたりすることはなくて、道路をまたいだ門のようなところから通信で課金されるのですね!

取りっぱぐれなし、減速したり追突や渋滞の心配もなし!

*カードに入金されていないとあとから罰金が請求されることもあるそうです。

 

さらにコンシェルジュに「雨だけどバードパーク行っても大丈夫?」って聞いてみましたら

「調べましょうか?・・・そんなにたくさんは降らないみたいですよ」

いやそういうわけじゃなくって、「屋根もあるよ」とか「晴れた日にした方がいいのでは」とかを期待したのですが・・・まあいいや、親切にありがとう!

(まあ旅行中私が現地の人と会話したのは・・・タクシーの運転手さんバスの運転手さんとこの人くらいでしたねっ;)

 

さて到着〜!(画像はクリックすると大きくなります)

 

小雨だけど意外と来場者いました。

看板には日本語も〜。

入ってすぐ、ペンギンの部屋が。涼しい〜

手前には泳いでる子がいます。

ペンギンはいつどこで見ても可愛いね!

でてすぐの所にトラム乗り場がありました。

小雨なのでトラムに乗ってぐるっと1周することにしよう〜

共通圏にはトラム乗車券もついてました!

乗り降り自由で、停車場はこのスタート地点を含め4つありました。

 

ショーやレストランもありますが、滞在時間短めで・・・ざっと見ていこうと思います。

が、実は、結構面白かった!ので、続きはまた〜

 

 

JUGEMテーマ:シンガポール

Singapore2018行ったところ見たところ(3)いよいよ動物園

  • 2018.08.25 Saturday
  • 22:52

シンガポール動物園といえば、夜の『ナイトサファリ』が人気です!

夜行性の動物たちの動きが見られることと、熱帯特有の暑さが収まって、しのぎやすいということもあります。

でも、夜は街中に戻らないと行けない私は、リバーサファリに引き続き、ZOOへ!

(画像はクリックすると大きくなります)

地図を見て計画を立てよう!

初めに、ショーの時間や餌づけタイムをチェックするといいそうですが・・・

一日いるわけではないので、いいのがないなあ。

Rainforest Fights Back Show ひとつだけ、ショーを見ました。

あとは、地図を見ながらぶらぶらしてみます。

 

ホワイトタイガーだ!小さなオリの中にいるわけではないので、探さないといけないくらい遠くに見えます。

 

アフリカとグレートリフトバレーの紹介!!

 

ちょっとおなかがすいたら一休み。アイスカフェオレとサンドイッチ〜。

 

涼しいコーナーもありました

 

チーターだ!ライオンもいましたが写真がボツ。

 

シマウマもいっぱい。

 

ひょう!ほんとにヒョウ柄!

 

これは・・・ピューマですって。

 

いよいよ象さん!

ショータイムじゃないからか、まったりしてる感じです。

なんだか素敵な木彫りの象!

 

以下、所感:

こどもの頃、上野動物園に行って「なんてかわいそう・・・こんな狭いところに閉じ込められて。アフリカや自分の国に帰りたいよね?(私も帰りたいよ)」と悲しくなったことがありました。野生動物を“展示”するのは教育的効果?観光資源?啓蒙?いずれにしても日本の動物園のオリにいれられた少なくともアフリカほか諸外国から来たであろう動物たちは・・・望んできたわけであるわけもなく・・・ある日突然、“輸送”されてきたはずです。

 

それからン十年・・・私も世界も、変わりました。

「ひょっとしたら、あなたたちは幸せかもね・・・ご飯はもらえるし、お水もあるし、天敵はいないし。おそらく、天寿を全うするまで、大切にされるのだから」

草食動物も肉食動物も、内戦のあおりを受けたり、気候変動による干ばつ、水不足、そしてエサ不足、増加する人間の開墾によって居住地は狭まり、また、密漁の危険にさらされるものもいるでしょう。しかし動物園の中にいれば、安全は保証されています!

日本の動物園は四季があって、たとえばライオンや象が真冬を、北国の動物が酷暑を過ごさなければならなかったりしますが、ここシンガポールでは熱帯の動物には故郷と似た気候ですし、北の動物は屋内に、それぞれなかなか広いお部屋(区割り)をもらえているようです。・・・なんて考えていたら、ちょっと・・・気持ちが軽くなりました。

 

上野動物園はじめ日本の動物園も、今では、狭いかもしれませんが工夫して大切にされていることでしょう。きっと、細やかな配慮がされていることでしょう。

 

なーんて・・・考えながら動物園を歩きまわりました。ひとりでも、それなりに楽しいひとときでした。一日、いられたなー。もう少し、いてもよかったなー。

そいて、いつかできることなら、またアフリカの本当のSAFARIに行ってみたいものだと思い出をなぞってみたりしました。

 

 

JUGEMテーマ:シンガポール

Singapore2018行ったところ見たところ(2)動物園に行く前に?

  • 2018.08.20 Monday
  • 23:45

カンボジアから戻った翌日、のんびりお部屋でくつろぎたいと思っていた私に、これから会社に向かおうとするオットがひとこと、「せっかく来たのに部屋にいたらもったいないから出かけておいでよ〜なんならコース作ってあげようか。」

 

いやいや、考えます!いくべきところはわかってる!

コーヒー飲んだら出かけます!

ルートをしっかり決めて・・・MRTでいって、そこからバスでもよいのですが、MRTの駅まで15分歩くのを回避したかったので・・・まずはタクシーの捕まえやすい出発点から、目的地まで行ってしまおう!

 

今日は、シンガポール動物園に行きます!

 

のつもりだったのですが〜どうも、併設されている『リバーサファリ』っていうのも面白そうだよ?

オットも知らないみたいだし、そっちも行ってみよう!

チケットは事前にネットやスマホでも買えるようですが・・・住所やカード番号を入れるのが面倒なので、チケットブースに並んでしまおう!

バードパークも行きたいから、共通チケットを購入します。

チケットは動物園、リバーサファリ、バードパークそして人気の高いナイトサファリ共通で、1週間有効です。窓口のお姉さんが、「バードパークはここからうーんと離れているけど、共通圏で大丈夫?一日で全部は見られませんよ?」と丁寧に説明してくれます。観光客で、無駄にしてしまうともったいないということですが、「大丈夫、明日行きます!」と返答。次に、「ナイトサファリは日時を決めないといけないので、今夜でいいですか?」「残念ですが、夜は予定があっていけないのです、仕方ないです。」と言いますと、「ではとりあえず今日の7:15にしておきますが、気にしないでね」

そうそう、ここがスマホではわからなかったんですよねー日時を入力しないと次の、購入するに進めなくて(行きませんって選択肢はないのかな?)。適当でいいのねっ。人数制限とか大丈夫なのかな?まあ、混雑期ではないからいいのかー。

 

これで、はれて入場ですが・・・ここで、ですね。本当は「暑くならない午前中に動物園に行き、ゆっくり楽しんだ後、午後はその余力でリバーサファリに行くといいです、リバーサファリは屋根もあるし、涼しいし」というアドバイスがあり、なーるほどーと思っていたのですが、チケットの列に並んでいるとき「先に動物園行った方がええねんてー」「午後は暑いやんなー」「せやなーこどもも寝てまうかしれへんしなー」みたいな声が聞こえてきて、はっとしました。午前中は動物園が混んでるんだ!私はこども連れじゃないし、すいてる方がいいから逆にしてみようかな?

 

というわけで先にリバーサファリにレッツゴー!!

(以下、長いです、写真はサムネイル表示でクリックすると大きくなります。)

地図に従って、世界各地の川と生き物を見ていくのですが〜私的には好みだった〜(^_^)v

8つの大河がテーマの展示なのです〜

 

ミシシッピ川

 

コンゴ川

 

ナイル川

 

ガンジス川

 

マリー川

 

メコン川

おや、日本企業の名前が・・・

 

そして次が長江エリアだったのですが、その案内板は撮り忘れ!だって!目の前にパンダさんがいるのですもの!!

パンダの森にいるパンダは2頭、目、目の前で見られます〜(予約や行列は、このときはなかったです)

嘉嘉(ジアジア)は雌

凱凱(カイカイ)は雄

「パンダ」は中国語で「大熊猫」デスよ! 「dàxióngmāo」!

近くにこんな可愛いカフェが〜今度行ったらはいりたい〜

各所にわかりやすい掲示板があります。

マンダイレイクをめぐるリバーサファリクルーズ。早朝だったため、まったく並ばずに乗れました。本当は「ここはアマゾンクエストではないの?」と聞きましたら、それは10時半からで(このときは)まだ始まってないから、これに乗って行けば〜と言われたので、素直に乗りました!日差しがあたると暑いけど、のんびりいい感じでした・・・トンレサップほどの驚きはないので過剰に期待してはいけませんが・・・熱帯の湖って感じ。おっと、気をつけてみていると、動物園のサイやキリンが見えますよ!

私は動物園ではサイを探しそびれてしまい・・・この船から見れてよかった。おしりですが!

そして最後がアマゾンエリア。Amazon River Quest に乗りましょう!

入場前に予約するそうですが・・・朝開始直後だったので、そのまま乗れました。えっと・・・Dランドのようなものを期待してはいけませんよ!同乗の外国の女の子が「きゃー」とか言ってたけど、そんなことはないって・・・でもちょっと探検気分だし、ここまで歩き回ってるので、座って周囲が見られて、スリルを求めなければなかなかいいです。

 

リバーサファリ、作り物といえばそれまでですが・・・大人でも、一人でも、楽しめる場所でした。オットが行ったことないところに行ったぞー!やったー。

次は引き続き動物園へ!

 

JUGEMテーマ:シンガポール

Singapore2018行ったところ見たところ(1)植物園といえば・・・

  • 2018.08.19 Sunday
  • 10:43

 

2018年7月〜8月にかけて、シンガポールに滞在しました。2012年3月(3泊4日)、同年9月(4泊5日)に続いて3度目の渡星です。途中オットが夏休みをとって訪問したカンボジア旅行(3泊4日)をはさんで4泊5日しましたので、その中で行ったり見たりしたことの備忘録を綴りたいと思います〜(画像はサムネイル表示にしていて、クリックすると少し大きくなります。)

ではでは!まずは!シンガポール植物園。1859年開設、2015年に世界遺産に登録(文化遺産)されています。

 

最近では植物園というと・・・誰もが思い浮かべるのが“Gardens by the Bay”、そうあの有名なホテル、マリーナベイサンズ併設の植物園かもしれませんが、こちらが老舗、本家本元ですよ〜。

広くて暑いから、午前中に行くように〜と書かれていたりしますが、猛暑酷暑の日本から来たので、まったく!気にならず!

でもこんな看板についひかれてしまうけど・・・(なんか人だかりがしてたので、スルー)

 

シンガポール植物園は、ラン園以外は無料です。ゲートがいくつかあるのですが、私はタクシーで行って、ぐるっと回って最後は地下鉄の駅から電車に乗ろうと思ったので、中央部分にある “Nassim gate” につけてもらいました。

 

 

エントランスで地図をもらって、すぐそこの “Casa verde” というレストランは美味しくて人気のようですが、朝ごはんを食べたばかりだったのでスルー。南よりに進んで、まずは “Rain Forest” エリアに行ってみました。

 

緑が濃くて〜森林浴〜!

以下、ひとりでとても心地よく歩きまわったり座ったり写真を撮ったり、楽しみました。

シンガポールといえばこれこれ!ラン園は入場料金が必要ですが、それでも一見の価値あり〜とてもよくお手入れされています。

大きな池がいくつかありますよ〜鳩たちも木陰で休んでいます。

きれいな芝生広場!

 

 

早いけどお昼にしましょう。シャンパンランチ?!

これは “Bee's Knees at The Garage” というカフェの屋外のお席で。

このあと、MRTの駅に向かい、地下鉄でお買い物へと向かいました。

 

JUGEMテーマ:シンガポール

Siem Reap行ったところ見たところ(10)まとめ

  • 2018.08.18 Saturday
  • 16:50

 

よく歩き、よく食べ、よく飲み、そしてよく歩いた旅だったー。

今の年齢で行ってよかったぁ・・・これよりあとだと、もう歩き回れないかもーと思いました。

また、やはり好奇心の赴くまま、元気なうちにあちこち海外旅行に行ってみたいと思う気持ちが高まりました。わざわざ行くことないな、なんてあきらめていたらだめだな。行ってどうする、とか思ってちゃだめだね。ちょっとムリしてでも、各方面にいろいろお願いしたりしても、行けるうちに。がんばろう。なーんて思い、その気持ちを忘れないうちに、と頑張ってブログを書きました。

このご時世、ちょっと検索したら、いっぱい記事出てくるよー;;書く意味あるか?と思ったりもしましたが、これはこれ、私のため、そして読んでくださった貴方にちょっとでも「そっかー」「そうなんだ」とか思っていただいけたなら幸いですっ

 

珍しい飛行機がいっぱいだ・・・

山東航空公司

厦門航空

奥の紫のがカンボジア・アンコールエア、 次の緑の入っているのがLCCのランメイ航空。手前のブルーの機体はベトナムエア。

その間のはカンボジアのバッサカエア?

 

初めに書きましたが、私達は50代の夫婦で、オットは仕事柄旅行代理店添乗員さんもびっくりの行動力と語学力と体力と資金力があるため(???)、どなたにでもお勧めの行程ではないかもということを申し添えておきます・・・(もっとお安く〜もっとゴージャスに〜etc.)

また、カンボジアに行ったら忘れてはならない辛い歴史があることは十分承知しております。今回、遊んでばかりでそういったところには行かなかったのか、とお叱りを受けるかもしれません。が、私達はそれなりに既に触れる機会があり、今回は敢えて外しております。

カンボジア、といっても2都市にほんのわずか滞在しただけですが、本当に面白かった。

観光は、平和と治安の良さがあってはじめて、できることです。行く方も迎える方も、どちらも気持ちの良い時間が共有できるということのお手本のような時間と空間でした。

さて、このあと私達はシンガポールへと帰りました。次はイタリアの続きを書くか、シンガポール編にするか・・・な・・・

2018年夏!

 

バイバイ!カンボジア!

 

インデックス貼っておきます!

Siem Reap行ったところ見たところ(1)

Siem Reap行ったところ見たところ(2)

Siem Reap行ったところ見たところ(3)PUB STREETとはなんぞ

Siem Reap行ったところ見たところ(4)いよいよアンコール遺跡群へいざ

Siem Reap行ったところ見たところ(5)遺跡巡り〜

Phnom Penh行ったところ見たところ(1)上空から!

Phnom Penh行ったところ見たところ(2)街歩き

Phnom Penh行ったところ見たところ(3)カフェとレストラン

Phnom Penh行ったところ見たところ(4)お買い物〜!

Siem Reap行ったところ見たところ(6)最後の夜

Siem Reap行ったところ見たところ(7)これがトンレサップ湖!

Siem Reap行ったところ見たところ(8)ちょっと郊外まで

Siem Reap行ったところ見たところ(9)よくばってもう一つ

Siem Reap行ったところ見たところ(10)まとめ

 

JUGEMテーマ:カンボジア

Siem Reap行ったところ見たところ(9)よくばってもう一つ

  • 2018.08.17 Friday
  • 06:29

バンテアイ・スレイは人気があるので駐車場も広く、お土産屋さんもたくさん軒を連ねていました。ですが、アンコール・ワットやアンコール・トムと比べると、静かな印象でした。

水田〜♪

お昼休憩にしましょう。たぶんRom Chong Angkor Restaurant だったと思う・・・

ちょっとお昼時より遅かったためすいていて、とてもゆっくりできました。ネットでは悪く書かれているサイトがありましたがそんなことはなかったと思いました。特別高くはないし、注文した物は美味しかったし、ビールもよく冷えていました。 

 

目の間に水田!

ラスト!もう時間ないかなと思ったのですが、プレ・ループという遺跡に寄ることができました。どこに行っても、ひとつひとつ味わい深い・・・

 

 

熱帯ですから放置するとすぐに草や木々に覆われてしまうことでしょう。維持管理、大変な事だと思います。

当たり前のように観光させてもらっていますが、私達の歩いたあとも、もしかしたら遺跡を傷めてしまっているかもしれません。また、遊歩道が作られていたり、塔に登る階段は、少しずつ改善されているようです。

 

 

アンコール遺跡群は、とても広い範囲にいくつもの寺院、遺跡があり、居住地域もあり、倒壊、盗難の被害にも遭いながらとてもよく観光と保存がなされています。レプリカを作って、本物は博物館にでも飾っておきたいようなものもありますが・・・こうして共存しているには多くの人の並々ならぬご尽力のたまものだと思います。日本語の巧みなガイドさんには本当にお世話になりました。私達はすっかりカンボジアのファンになりました。

ちょうどプレ・ループを見終えた頃、雨が降り始め、熱帯らしく豪雨になりました。雨季にもかかわらず効率よく多くの場所を巡り、充実した滞在となりました。

 

 

JUGEMテーマ:カンボジア

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

MY本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM